知らないと損をする!? より効果的なアセッパーの服用方法とは?

アセッパーとは、気になる汗と臭いの悩みを体の内側から解消してくれるとして今、脚光を浴びているサプリメントです。

 

当然、アセッパーの中には汗をケアしたり、臭いを防ぐ働きをもった成分が豊富に配合されている訳ですが、それらの成分の中でもメインとなっているのが、植物由来のポリフェノールでしょう。それと言うのもポリフェノールには臭いを作り出す活性酵素を排除する抗酸化作用を持っているためなのですが、実はこの作用をより有効に引き出す服用方法があるのだそうです。

 

 

1日3粒、食事の後に

 

アセッパーは医薬品ではありませんが、それでも1日あたりの摂取量については、3粒以内とする制限があります。

 

一方で、服用後のポリフェノールが体の中で効果を維持できる時間はせいぜい3、4時間が限度なのだそうです。従って出来るだけ長く効果を享受するためには、1回に3粒飲むよりも3回に分けて摂取するのが望ましいとされています。

 

また単独でサプリメントを飲むよりも、他の成分と組み合わせることによって、吸収率が上がると言われているので、食事の後での服用が薦められます。具体的には朝、昼、夕の食事を済ませる度に1粒ずつ摂取することになる訳ですね。

 

3粒が上限とされている理由

 

そうした理屈なら、1日に4粒でも5粒でも分けて摂取できれば、それだけ長時間ポリフェノールの恩恵に預かれそうな気がしますが、現実には
3粒を越えて飲むことはできません。何故でしょうか?

 

実はアセッパーには汗や臭いをケアするポリフェノールの他にも、プラスαの成分としてイソフラボンやコーンシルクエキスといった成分も配合されています。このうちイソフラボンについては大豆から摂取できる成分として広く知られていますが、1日あたり摂取できる量は30rと、上限があります。

 

一方、アセッパー1粒のイソフラボンの含有量は8rなので、3粒飲めば24rとなります。つまり3粒までなら許容範囲内に収まるのですが、4粒以上だとこれをオーバーしてしまう訳です。

 

この大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような化学構造と働きを持っているため、仮に過剰に摂取してしまった場合にはホルモンバランスの乱れが懸念されます。殊に女性であれば体調に変調をきたすなどの弊害が出ることもあるでしょう。

 

とりわけ摂り過ぎる恐れがあるのが、妊婦とか授乳中の女性達です。妊娠の可能性がある人も含め、こうした人達がアセッパーを服用する際には主治医の助言を求めるようにして下さい。

 

こんな場合も服用は慎重に

 

妊婦などでなくても風邪をひくなどして薬を飲んでいる時も、アセッパーの服用は見合わせるべきでしょう。他の薬を服用しているところへサプリメントまで併用してしまうと、ただでさえ思わしくない健康状態を一層悪くしかねません。コンディションが良くない時は利用を控えるのが大原則です。

 

また繰り返しになりますが、イソフラボンの摂取許容量との関係から、1日当たりの服用量は、3粒以内として下さい。

 

実際にアセッパーを利用したことが原因で体調に異常が出たという事例まで把握している訳ではないのですが、例えば2粒だけしか服用しなかった日の翌日は4粒服用できると考えない方が良いでしょう。

 

摂取目安量の3粒を毎食後1粒ずつ服用するのが、最も効果的な摂取方法なのです。これらの事柄をしっかり守れば、アセッパーで安全にそして効率良く汗と臭いの対策ができるでしょう。

サプリタイプの汗対策なら『アセッパー』がおすすめ!


お得なコースの詳細はこちら

page top